Blog

ネパールで出産した話① 自宅出産したい女編

ひさしぶりの更新です。

おかげさまで、前回の投稿のあと
すぐに元気な男の子を出産しました。
✳︎
ネパールで自宅出産はふつうのことと思っていたら、意外にも、カトマンズでは基本、病院で産まなくてはいけないらしい。
心配するラムさんを説得して、
助産師さんに相談して、
手続きしてもらえることになりました。
✳︎
自宅出産したい理由補足
(あくまで私個人の考えです。)
✳︎
①カトマンズでは緊急でない場合も帝王切開になることも多いということをよくききます。(あくまでウワサですが。よくききます)
②出産時、
陣痛促進剤、人工破膜、会陰切開、
などをなるべくさけた自然分娩をしたい。
③出産後、胎盤を出すためにお腹を押されたくない。(体から自然に出てくるまで待っていてほしい)
④陣痛時、病院に行くまでの車の揺れが辛い。ネパールの道ガクガク。
✳︎
なにより、(コロナの影響で)病院に行くのは、リスクが高いと感じました。(万一の場合は病院行きます)
✳︎
ネパールでの出産と、産後の生活は
日本とだいぶ違い、
ひさしぶりに
カルチャーショック受けてます。
(長男は日本で出産)
忘れないうちに
描いていきます。

Friendly Export店主
あきみ
あきみ
ネパールのカトマンズでシンプル生活。夫のラム、2才のムスコ、ラムママの4人暮らしです。ネパール・カトマンズの中心地「タメル」で夫とおみやげ屋を営んでいます。
\ Follow me /